▽ 2015年度 ▽
5月20日(水)〜 5月22日(金)
東日本学生リーグ戦
駒沢体育館(駒沢オリンピック公園総合運動場内)

健闘も12位!

今年の東日本学生リーグ戦は、5月20〜22日、駒沢体育館において開催されました。

本学は、早稲田大学・日本体育大学・法政大学のグループに入り、大変厳しい対戦となりました。

1戦目・専修、2戦目・日体大学戦は実力差があり全敗。

グループ最終戦の法政大学戦に勝たなければ、13〜16位グループになり、昨年より下の順位が決まってしまう背水の陣となりました。

試合は接戦、5階級で3−2となり迎えた86kg級、本来は74kg級の宮近選手(3年生)がプレッシャーを力に替え、試合後半に逆転勝ちとなるタックルを決めて勝利、グループ3位が決まりました。

2日目の順位決定リーグ(9〜12位)では、初戦で大東文化大学戦2−5の惨敗。

続く、東洋大学との対戦、4階級を終えて1−3と負け越してしまいましたが、74kg級の末本選手(2年生)がローリングを決めテクニカルフォール勝ち。

続く86kg級の宮近選手、残り30秒から連続でタックルを決め逆転勝ち。チームスコア3−3となり、125kg級で勝負を決することとなり、藤田選手(2年生)が格上の相手に怯むことなく攻め判定勝ち、チームの勝利を決めました。

最終日は青山学院大学戦。順位を1つでも上げるため勝利したいところでしたが、流れが掴めず、健闘するも2−5で惨敗しました。

最終順位は内容差で12位となりましたが、接戦2試合に競り勝ったことで、今後の大会への弾みになりました。応援ありがとうございました。




[試合結果詳細]

勝敗 対戦成績 対戦校
5月20日 0‐7 専修大学
0‐7 日本体育大学
4‐3 法政大学
5月21日 2‐5 大東文化大学
4‐3 東洋大学
5月22日 2‐5 青山学院大学