▽ 2016年度 ▽
12月21日(月)〜 12月23日(水)
天皇杯 平成28年度 全日本レスリング選手権大会
代々木競技場・第二体育館

 

12月21日〜23日に代々木第2体育館において、「天皇杯全日本レスリング選手権大会」が開催されました。

本学からは、初日のグレコローマンスタイル80kg級に東 桂佑(4年)、フリースタイル97kg 級に藤田祐輔(3年)、3日目にグレコローマンスタイル59kg級に大楠真太朗(4年)、山口秀斗(1年)の計4名が出場しました。

1日目、東は初戦を接戦で勝ち抜きましたが、2回戦では準優勝した選手に3−0と攻めきれないまま終わり、準決勝進出ならずベスト8となりました。

藤田も初戦を判定で勝ち抜きましたが、2回戦では準優勝した選手にフォール負けとなり、同じくベスト8となりました。

3日目、大楠が初戦である2回戦の相手は、全日本大学グレコローマン選手権の3位決定戦で勝った選手でしたが、前半に投げ技をくらい先制点を許す苦しい展開。後半は意地の体力勝負に持ち込み、投げ技を決めて見事に逆転し、4−9で初戦を突破しました。
3回戦目は、優勝した選手に挑むもテクニカルフォールで負けベスト8となりました。

山口は全国高校生グレコローマン選手権で優勝者と対戦、0−10のテクニカルフォールで敗戦となりました。

今回の大会は、今年最後の大会であり、出場者が強豪揃いのためメダルなしの結果となりました。しかし、出場メンバーは持てる力を発揮できたと感じる試合内容でした。

この大会出場権を得るには新人戦1位、インカレ3位レベルが必要です。応援していたチームメイトも目標がより明確になったと思います。

また、本学から4年後の東京オリンピック選手が輩出できるよう日々精進していきます。

今年最後の戦績報告となりますが、来年は良い結果を報告できるよう頑張ります。
今後とも、ご期待とご声援をよろしくお願いいたします。


▽G80kg級/東 桂佑(4年)


▽F97kg級/藤田祐輔(3年)


▽G59kg級/大楠真太朗(4年)



▽G59kg級/山口秀斗(1年)





[試合結果] ※表をクリックで拡大します