受験をお考えのみなさん・ご父母の方へ


監督:吉本 収
 こんにちは!神奈川大学レスリング部監督の吉本です。

 この度は、神奈川大学レスリング部(以下、神大レス部)ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。今このページを見ていらっしゃるということは、少なからず神大レス部に興味を持っていただいていると勝手に解釈し、大変嬉しく思います。

 さて、「神大レス部ってどんなところ?神大でレスリングをしてみたい!もっと強くなりたい!」と思っている高校生の皆様のために、神大レス部の練習環境・雰囲気をほんの少しですがお伝えしたいと思います。
☆フリースタイル・グレコローマンスタイルに分かれ専門的に強化
 より専門的に指導・強化するため、自分に合ったスタイルで重点的に練習することを薦めています。神大ではマット2面の練習場で、各スタイルマット1面ずつを使って練習しています。(ウォーミングアップ、筋力トレーニングは全部員で行います)

 もちろん、両スタイルを練習したい学生については、両面のマットで練習できます。

☆指導者がサポート
 技術指導・実戦(スパーリング)指導を行います。

指導者
吉本 収
【経歴】
 1992年、国士舘大学卒
 1994年〜1997年、東京農業大学コーチ
 1998年〜神奈川大学入職、レスリング部コーチ就任。翌年、監督就任。

【競技歴】

 国体(3回)優勝、社会人選手権両スタイル優勝、国際大会上位入賞など

【指導歴】

 東日本大学リーグ戦1部Bリーグ優勝(Aリーグ昇格)、インカレ優勝、世界・アジアジュニア選手権コーチなど〔東京農業大学〕
 東日本大学リーグ戦2部優勝(1部昇格)、東日本新人戦優勝、インカレ・大学選手権優勝、アジアジュニア優勝など〔神奈川大学〕
 現在、全日本学生連盟の強化委員長を務め、学生日本代表チームの国際大会・強化合宿を指揮。
☆学生主体の練習メニュー
 神奈川大学では、基本的に監督やコーチが練習メニューについて、あれこれ指示を出しません(時と場合によりますが・・・)

 学生(主に4年生が指示)主体で練習を行い、自主的に練習に励む環境を提供できるよう努力しています。一人一人が「自分で強くなるためには?」と考え、チーム全体で勝ちに行く練習環境になっています。


 また、夏期強化合宿は他大学と合同で行います。また、韓国・全州大学と交流しており、9月に韓国合宿を行っています。

☆チームの雰囲気が良い
 雰囲気を言葉で伝えることは難しいですが、学生は良い雰囲気の中で練習しています。

 指導者も「みんなで強くなろう!」、「のびのび練習し強くなろう!」という方針で指導しています。

一度練習場にお越しいただければ、お分かりいただけると思います。
☆生活面について
 通学は大学周囲の環境により、原付バイクのみOKです。住居は合宿所のシステムをとっていますが、借家をレス部の学生でルームシェアしているだけなので、合宿所の堅苦しさは少ないです。

 また、基本的に一人一部屋(1年生は除く)なので勉強に集中でき、一人の時間をゆっくり過ごせます。合宿所での共同生活で協調性を養い、自己管理能力も高められます。

 また、地域貢献として、大磯ビーチクリーニングや、お祭りの警備ボランティアなどを行っています。
☆最後に
 最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 神奈川大学レスリング部は、個々のやる気や努力により、充実した4年間を過ごせる空間であると思います。

 高校生時代に全国大会で実績を残せなかった選手が、全日本学生選手権や全日本選手権で入賞を果たしています。もちろん、本人の強い意志や弛まぬ努力が根底にあることは言うまでもありませんが、「強くなれる環境」がここにはあります。

 部のスローガンは、「自己管理の徹底」、「考えるレスリング」です。

 4年間、レスリングだけではなく、社会に出る人間力を身に付けるための“成長”を支援します。



 4年間は長いようで短いです。自分の可能性を試してみませんか?

 進学する大学に迷っているときは、是非、本学の練習を見に来てください。

 本学では、「公募制スポーツ・音楽推薦入試」制度があり、真摯に自分の可能性を追求する選手を募集しています。(出願資格に学力・競技実績基準あり、実績基準以下は応相談)

 ★参考リンク⇒ 神奈川大学「公募制スポーツ・音楽推薦入学試験概要」


 夢を追うみなさんを待っています。
神奈川大学レスリング部・監督
吉本 収