▽ 2018年度 ▽
5月16日(水)〜 5月18日(金)
東日本学生リーグ戦
駒沢体育館(駒沢オリンピック公園総合運動場内)


今年の東日本学生リーグ戦は、駒沢体育館において5月16日〜5月18日に開催されました。

本学は日本大学・国士舘大学・青山学院大学のグループで戦うことになり、昨年果たせなかった「8位以上入賞」を目指して試合に挑みました。

初戦の日本大学は2−5で敗れ、2回戦目の国士舘大学は0−7と完敗しました。グループの最終戦となる青山学院大学に勝たなければ、昨年と同じ13位以下のグループとなってしまう負けられない試合となりました。

試合は57kg級の谷口(1年)が先陣をきり勝利するも、その後の4階級を落としてしまい1−4となり、13位以下のグループが決定してしまいました。結果は2−5の惨敗となり、グループ4位となりました。

2日目の順位決定リーグ(13〜16位)では、初戦の慶應義塾大学戦を7−0と完勝し、続く防衛大学戦は6−1で勝利し、最終日に向けていい流れを作ることができました。

最終日は昨年、接戦の末に勝利した大東文化大学との試合となり、試合は57kg級の谷口(1年)が判定勝ちで勝利すると、続く日比野(2年)がテクニカルフォールで勝ち、いい流れを作ると続く山内(3年)と馬渡(2年)が判定勝ちをし、この時点で4−0となり神奈川大学の勝利が決まり13位となりました。結果は5−2となりました。

今年も昨年と変わらず13位と悔しい結果に終わってしまい、さらに日々の練習に取り組まなくてはいけないと痛感しました。来年のリーグ戦では目標である「8位以上入賞」をするためにも1人1人が意識を高く持ち練習に励みます。

次の大会は、明治杯・全日本選抜レスリング選手権大会です。

引き続きご声援をよろしくお願いいたします。









[試合結果]