▽ 2018年度 ▽
6月14日(木)〜 6月17日(日)
明治杯全日本選抜選手権
駒沢体育館(駒沢オリンピック公園総合運動場内)

葛谷拳龍(4年)が銅メダル獲得!

6月14日(木)〜6月17日(日)に、東京・駒沢体育館において『明治杯全日本選抜レスリング選手権大会』が行われました。

本学からは、

グレコローマンスタイル55kg級:比嘉優太(3年)、山口秀人(3年)
グレコローマンスタイル72kg級:北條良真(2年)、大賀遥(3年)
グレコローマンスタイル77kg級:葛谷拳龍(4年)
グレコローマンスタイル87kg級:奈須川良太(1年)

以上6名が出場しました。

大会初日、グレコローマンスタイル87kg級の奈須川は初戦で隈部選手(九州共立大学)に5−3と見事判定勝ち。2回戦では第2シードの岡選手(自衛隊体育学校)と対戦しましたが、0−8のテクニカルフォールで敗れて、2回戦敗退。

大会2日目、グレコローマンスタイル72kg級に出場した北條と大賀は、まさかの1回戦で同門対決となり、1−2の判定勝ちで大賀が制し2回戦進出。大賀は2回戦で第1シードの井上選手(富士工業)と対戦。井上選手の10−4の判定勝ちにより、惜しくも2回戦敗退。

大会3日目、グレコローマンスタイル55kg級に比嘉と山口が出場。山口は1回戦で稲葉選手(日本体育大学)と対戦しました。序盤は2点を取り拮抗していましたが、相手の流れに呑まれ12−2のテクニカルフォール負けでした。比嘉は2回戦からの出場で丸山選手(山梨学院大学)と対戦。最後まで粘りましたが、8−1の判定により2回戦敗退。

グレコローマンスタイル77kg級の葛谷は第4シードで2回戦からの出場。2回戦、亀井選手(NTCコンサルタンツ)に一本背負いをかまして5−2の判定勝ち。準決勝では、第1シードの屋比久選手(ALSOK)に8−0のテクニカルフォールで敗れましたが3位に入賞。

今大会は葛谷拳龍(4年)が3位に入賞しメダル獲得しました。
インカレ、天皇杯に向けて練習により一層励んでいきます。

これからも神奈川大学レスリング部の応援、宜しくお願いいたします。





[試合結果]